長久手市の動物病院ならバディ動物病院|犬、猫はもちろん、うさぎの診療にも力を入れています。

0561-63-4456

診療受付
時間
AM 9:30~11:40
PM 17:00~19:40
休診日
日曜午後、木曜日、祝日

らたのひとりごと

暖かい日が続きます

2008.04.22

 日中は半そでで出歩けそうな初夏のような日が続きます。日曜日、友人と尾張旭市のどうだん(満点星)亭に行ってきました。住宅街の中にあり、ナビがないと行けないような場所、どうだんつつじやりっぱなお庭をみ、お抹茶もいただきました。 たちはお留守番。今度は一緒にお出かけしましょう。夜にはワンコたちのシャンプーを。ももお疲れでした。

続きを見る

狂犬病予防注射

2008.04.18

 4月の6(日)、13(日)と院長が狂犬病予防集合注射参加のため、臨時にお休みを頂きました。お伝えできず、ご来院のも。ご協力ありがとうございました。 ジェリィは狂犬病予防注射を接種すると元気がなくなります。いつもは元気いっぱいのジェリィの食欲が落ち動きも鈍くなります。寄り添ってにピタッとする姿に愛しさ倍増。 ジェリィは1日で回復しますが、ワクチン(狂犬病や混合ワクチン)に副反応があるワンコも多くは...

続きを見る

花見2

2008.04.12

 もう桜が散りはじめ、ぽかぽかと暖かいですね。木曜日、の実家にたちと行ってきました。山桜もこちらより遅く1分咲き程度。天気がよかったら、山の中、花見&バーベキューしながら、思いっきり走り回ることができたのに残念、GWまでおあずけです。 でゆったりと過ごすことは幸せ。両親の元気な姿、母のおいしい手料理を頂いてエネルギー充電してきました。

続きを見る

花見に行く

2008.04.04

 あっという間に4月になっていました。 昨日、シェル&ジェリィと花見に行ってきました。古戦場公園です。桜は満開でとてもきれいで、うれしい気持ち。 うちのワンコは声がでるので、周りに気を配りながら 隅のほうで。写真もバッチリです。 中にはうさぎさんにリードをつけてお弁当を持っているカップルもいて、風を受けながらほんわかしたお花見でした。

続きを見る

花粉症

2008.03.17

 昨日からくしゃみ、鼻水、目のかゆみ花粉症が「きたー」(織田裕二風)。なんとなくそろそろかなと思っていました。しばらくの間、頑張らねば。 このところ、新しいトリックはごぶさただったので、何か考えようと思っています。プーなので2本脚で立つのが得意。「グー」(エド・はるみ風)が候補です。 ダンシングと言って、シェルとジェリィと踊る様子を想像して、一人笑っています。

続きを見る

暖かくなりました

2008.03.12

 パソコンの機嫌をそこねている間に3月も中旬になってしましました。駐車場にたんぽぽが咲いているのを発見。春を感じます。 春になると気持ちもワクワクします。出不精のもといっぱい出かけようと意気込んでいます。今年はどこに出かけよう。まずはお花見はどお?。 ちょっとしたしたこと、例えば花を見て春を感じたり、シェルやジェリィと出かけたり、友人とランチしたりしてプチ幸せを感じています。 狂犬病集合注射のため...

続きを見る

2月も終わり2月も終わり

2008.02.29

 今日で2月も終わり、明日から3月です。本日は陽ざしが暖かく春が近いのかも?と感じられました。 だんだん朝・夕も明るくなってきました。寒い間は玄関先のプランターのお花に気も配れなかったので反省です。 また、昨年秋に種をまいたビオラが咲きました。種から育てたのでです。 春が待ち遠しいです。

続きを見る

風邪をひく

2008.02.25

 この2年風邪と縁なく暮してきたのですが、先週とうとう風邪を引いてしまいました。 歳?体力がないのか思ったより長引いてしまい、しんどい思いをしました。たちにもとばっちりが・・。 たかが風邪、されど… 。健康に感謝をし、大袈裟ですが家族やスタッフや友人にも感謝と思った1週間でした。

続きを見る

2008.02.12

連休の雪がまだ病院の玄関横に融けずに残っています。毎日寒いですね。 雪が降った日。我が家のワンコの反応は笑ってしましました。シェルは毛に雪がからみくので手足を振っていました。ジェリィは、最初は雪を食べていましたが、全身雪の中に入ってしまったらフリーズです。 この時期の雪に最初はちょっとワクワク。後は。春が待ち遠しいです。

続きを見る

輸血のため

2008.02.09

 毎日寒いです。今日は雪が降るかも?輸血が必要となりそうなのために、血液があうか?採血ができるか?とご来院くださったご家族がみえます。それも1家族ではありません。3家族めでみつかりました。適合のワンコがみつかったことはうれしいことです。 そして、その家族を(今回も合わなかったら次の家族が控えていたそうです)輸血が必要なワンコの飼主さんがお声をかけ、善意で当院にお越しくださいました、素晴らしいことで...

続きを見る

PAGE TOP